伝統から生まれる革新。

蒔絵の歴史と藤澤蒔絵

 蒔絵とは、主に漆器や仏具などに漆で文様を描き、金・銀などの粉を蒔(ま)きつけて再び漆を塗り、乾燥後砥いで光らせ加飾をするという日本独自の漆工芸です。その技法は十数工程にも及び、同じデザインでも色や配色により全く違う作品となり、世界に一つしかない作品になります。

 蒔絵の歴史は古く、奈良時代に始まり平安時代に盛んになりました。その後、桃山時代に来日したヨーロッパの人々を魅了し、遠く東洋からもたらされた贅沢な品として珍重され、フランス王妃マリー・アントワネットら王侯貴族は競って蒔絵を求め、宮殿を飾りました。そして陶磁器を「china」と呼ぶように、漆器は「japan」と呼ばれていました。また、江戸時代には、大名の婚礼調度をはじめ、印籠、櫛なども凝った作品が作られるようになりました。

 今日に伝わる基本的な蒔絵の種類として「平蒔絵」「研出蒔絵」「高蒔絵」の3種類があります。藤澤蒔絵では、世界遺産・国宝級の文化財の修復に用いられた岩手の浄法寺漆を使用しています。また、伝統工芸品・飯山仏壇の蒔絵制作に従事するかたわら、その蒔絵技術を生かしたアクセサリーや飾り物を制作・販売するとともに工芸体験教室も主宰。日本の古き伝統を守りながら、常に新しいものへの挑戦も続けております。

  • 琥珀螺鈿蒔絵ペンダントトップ
    「森のフクロウ」

  • 鼈甲蒔絵かんざし
    「金魚」

  • 匠 TAKUMIシリーズ
    「龍」

  • うるわしシリーズ
    「月に梟」(女性用)

常設展示販売

飯山伝統産業会館
日本橋高島屋
帝国ホテルアーケード とりゐ屋

メディア掲載

2014.01.12 信濃毎日新聞に掲載されました。

伝統工芸士:藤澤一雄ブログ

銀座NAGANOにて

  お久しぶりなってしまいました。 皆様の住んでおられる地域は台風の被害は大丈夫だったでしょうか? ……続きを見る


春が来ました!

こんにちは! 最近は朝と夜はまだ寒いですが日中は過ごしやすい季節になりましたね。 飯山の桜は咲いてすぐに強風と……続きを見る


NHKワールドの取材

いよいよ国際的な対応が求められてきます。 先日、NHKワールドの取材が先日、飯山の工房でありました。 日本の工……続きを見る


四方胴丸

今回、伝統的工芸品指定の【加茂の桐たんす】の浅野専務より蒔絵の依頼があり 半年がかりでようやく完成しました。 ……続きを見る


夏本番!!!

暑い…暑すぎる…あつい!!!! こんにちは!スタッフYです。 とうとう夏が来ましたね! 更新が止まってしまいす……続きを見る